この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2017/11/14蜂アレルギー検査結果画像

刺された時

直後は激痛で自分で上手く動いたり出来ないぐらい。
病院に行き(皮膚科)見てもらうまでのあいだ保冷剤で冷却した後診察。
診察後、点滴&薬を数種類処方され1時間ぐらいたったはずだか大丈夫そうなのでそのまま帰ってくださいと。
もし、この後じんましん等出ることがあれば大きな病院でないと対応出来ないだろうから救急車を呼ぶようにと教えられる。
後で、不安になって少し蜂に刺されるということについて調査。
どうやら刺された直後は痛くてもすぐに血が出るぐらいまで毒は出したほうが良いらしい。
又、毒を出した後は体内に残っている毒がまわらないように刺された箇所を冷却したほうが良いらしい。
そして、アナフィラキシーショック等は1回目に刺された時に起こる場合もあれば2回目以降の場合もあり人により様々と。
一応、蜂の抗体が出来ているか調査する物があるらしくRAST検査?抗体確認まで1ヶ月は待つ必要があるとのことだったので9月位には行ってみようかなと。
別に確認してどうこうなるものではないだろうけど、一応確認しておけば色々と準備等も出来るだろうから…
しかし、直後は不安で不安でたまらない。日本で年に亡くなる人が数十人とか聞くと交通事故とかより全然少ないかと思ったりもするが。

40日後位に検査に行ってみて・・・

ネットで調べる限り1ヶ月は調査まで待たなければならないということだったので抗体検査に行ってみた。
色々な病院に電話で問い合わせたりしたが意外と抗体検査をやってくれる所が少なかったので・・・
まあ、頻繁にそういった事があるわけでもないと考えると仕方がないかと思ったりもするが。
当日は先生にどういった状況で刺されどのぐらい経過しているかを説明(刺された直後に診てもらった病院では抗体検査をやっていなかった為)。
とりあえずその日は血を抜いて調べて見るから1週間後に又来てくださいと。
その後、1週間は陽性出たらどうしよう?とか気が気でなかった。
1週間後の結果は画像の通り。とりあえず検査結果としては問題なし。
ただ、次刺されるとかあれば気をつけてくださいねとだけ言われた。

纏め

とりあえず、安心は出来たがこういうのは心配にはなるなあ。
陰性だったのは体質の問題なのか、直後にしてもらった対応とかが良かったからなのかは自分には不明だが。
次は同じような事がないように注意していくとうことと、こういう事は事前に知っておければ良いなあと思いつつも人生で起こること全てについて対策を考えておくとか時間の無駄だろうし起こった時に随時対応出来るようにしておくしかないのかなあ?と。