開発

Youtubeからチャンネル登録者の割に再生回数が多い動画を抽出するツール

この記事では

「Youtubeで再生数を伸ばしたいけどどのような内容の動画を作成すればよいの?」
「Youtubeのリサーチを楽にしたいけどいい方法ないかな?」

と言う方向けに、Youtubeでチャンネル登録者の割に再生回数が多い動画を抽出するツールを紹介していきたいと思います。

ここで紹介しているツールを使うと?

  • 検索キーワードで調べた際にチャンネル登録者の10倍以上の再生数がある動画を見つけることが出来る
  • 次の動画を作る際のリサーチの時間を大幅短縮できる

ツールはコチラ

ツールの概要

GoogleスプレッドシートからYoutubeのAPIを利用しています。

YoutubeのAPIを利用しているため1日のうち利用できる(検索)回数に制限があります

Googleアカウントを利用するため、アカウントをもっていない方は利用できません。

キーワードシートに指定した語句を元にそれぞれ200位までの動画の情報を取得します。

ツールの使い方

ここのリンクを開くとGoogleスプレッドシートが開くため、「ファイル」⇒「コピーを作成」で自分のGoogleドライブにコピーします。

「名前」の欄は後で自分が見た時に分かりやすいものに変えておきます。
※表示直後は「~のコピー」という名前になっているかと思います。

「キーワード」シートを開いて上から自分が検索したい語句を入力していきます。
必ず、詰めて入力するようにしてください。
セルがからになるまで下方向に検索しているため間を開けると処理が行われません。
また、語句は5,6個位にしておかないとYoutubeのAPIの利用回数の制限に引っかかり処理が途中から行えなくなる可能性があります。
「キーワードを入力」し終えたら、「実行」ボタンをクリックします。

このGoogleスプレッドシートからプログラムを利用するための権限を与えてよいか?という確認が出ます。
気になる方は、「ツール」⇒「スクリプトエディタ」等でコードの確認をして実行しても良ければ「続行」をクリックします。

自分のアカウントの欄をクリックします。

「詳細を非表示」をクリックして、「無題のプロジェクト(安全でないページ)に移動」をクリックします。

「許可」をクリックします。

「実行」ボタンを再度クリックします。

これで、自分が指定した語句の動画一覧が「検索結果」シートに表示されているはずなのでここからはそれをフィルタかけていきます。
左上をクリックしてセル全体を選択した後に、「データ」をクリックして「フィルタを作成」をクリックします。

K列のフィルタのボタンをクリックして「条件でフィルタ」から「以上」を選択します。

しきい値として動画の再生回数÷チャンネル登録者数を幾らぐらいにするかですが私は「5」位で調べていました。
自分の好きな値を入力して「OK」をクリックします。

続いて、チャンネル登録者も〇〇以下を選択してチャンネル登録者数が少ないチャンネルを選びます。

最後に、投稿日時を降順(新しいもの順)にするためフィルタのアイコンを選択し、「Z→Aで並べ替え」を選んだ後に「OK」をクリックします。
※あまり古いものは期間をかけて再生数が上がっている可能性もあるため急激に伸びる可能性がある動画かどうかは判断が難しいからです。

後は、一覧からこの動画をもう少し深堀りして自分のオリジナルをつくってみれば良いかと思われます。

-開発

© 2021 せんてるのメモ帳