資産運用

年間100万円貯まった家計簿の利用法

私の家計簿の利用法

  1. 生活費と娯楽費のカテゴリーの2つだけ予算を決めておき、日々の利用金額から今月の残り金額を考えながら生活する。
    ⇒細かく決めすぎると予算通りに行かなかった時に修正するのが面倒くさい、飲み会代や趣味に利用するお金は別にしてストレス発散に利用したいと思い2つに落ち着いた。
    私は、細かく決めるのが嫌いな性格なので最小限のカテゴリー数になるようにしています。
  2. 光熱費やスマホ代等の固定費は、事前に収入からひいて、生活費と娯楽費は決めるようにしておく。
    ⇒スマホ代が先月1万円だったものが今月は2万円になるとかそういった事は無いため、大体の金額で予算を決めるようにしています。
    また、予備費である程度の金額を考えるようにしているため、多少支出に増減があっても定期的に見直せば、予算オーバーになるということはほぼ無いです。
  3. 予算を決める際に貯蓄金額は含んでおき、計画通りに支出がおさまれば貯蓄は自動的に出来るようにしておく。
    ⇒こうしておけば、家計簿を予定通りの支出で締める事ができれば貯蓄は必ず出来るかと思います。

家計簿をつける理由

  1. 家計簿をつけないと、今月の残り使える金額がわからず、過剰な支出となることがある。
    ⇒毎日食べるものが一緒とかそういった事は無いため、例えばお昼にいつもより少しリッチなものを食べたとか、いつもと違う行動をした際に今日使いすぎているなあと家計簿をつける時に気づく事が多いです。
  2. 現金よりもクレジットカードの利用や、〇〇Payの方がポイント還元がある分お得だが、家計簿をつけておかないと支出が把握できない。
    ⇒現金のみを利用するのであれば、予算別に現金を分けておいて、残りの金額で家計把握をするという方法もある。
    同じ消費をするのであればお得な方が良いと思いクレジットカード等を利用すると、少し後にならないと利用しすぎた等の判断をすることが出来ないため、リアルタイムで使いすぎの判断をするために家計簿をつけています。

お勧めの家計簿

  1. 基本的には、紙の家計簿よりも、スマホの家計簿アプリがオススメ
    ⇒これは、紙の家計簿では家に帰宅した後に、一括してつけるとかしなければならず、忙しかったり疲れている際は家計簿をつけることが面倒くさくなるからです。
    一方、スマホの家計簿アプリならば購入した際に、買ったその場で家計簿をつけることが出来るため、貯めすぎて結局つけなくなったということはなくなると思います。
  2. 「家計簿レシーピ」等を利用すると、レシートを撮影するだけで、家計簿をつけることが出来るため、楽であると思います。
    ⇒「家計簿レシーピ」には撮影したレシートに書いてある食材をもとにお勧めレシピを検索してくれるという機能もある為、主婦の方などは飽きずに続けられると思います。
  3. 「マネーフォワード」等を利用するとパソコンとスマホの両方で、入力・閲覧をすることが出来る為、パソコンをメインで使う人にはお勧めです。
    ⇒色々なアプリや紙の家計簿があったりしますが、自分が続けやすく、続けることが苦痛にならない物を選ぶことが一番かと思います。

予算のたて方

  1. スマホを格安simに変えることが出来ないか、生命保険は幾つも重複して入っていないか等、まずは生活を変えることなく減らすことが出来る支出を見直す
    ⇒見直したことがないとスマホ代を毎月8千円払っているとか、生命保険で重複した補償内容に入っていたりで、結局、もしもの時には片方の上限までしか貰えないとかあったりする為、見直しておいた方が良いかと思います。
    自分で分からなければお金を出してでも誰かに判断してもらうことで長期的にみれば損にはならないかと思います。
  2. マネーフォワードの有料プランや、ファイナンシャルプランナーに相談するなどして、第三者の意見として減らせそうな支出を洗い出す。
    ⇒第三者の意見を聞いておくことで、自分だけでは気づかなかった浪費についての気づきを得たりすることも出来るためお薦めです。
  3. ろうきんのWEBサイト等で全体的なバランスをみながら自分なりの予算を決める。
    ⇒紙などで書き出して決めていくでも良いかと思いますが、費目も色々と設定されていてどの項目にどの位使うと、貯蓄金額は幾らになると計算してくれるので便利です。
    予算を決める際は、人により譲れない部分もあったりするので、そこはあまり手を付けず、ストレスがあまりなく生活するための予算をたてるのがお薦めです。

まとめ

ここまで、年間100万円貯まった家計簿の利用法についておはなししてきました。まとめとしては、予算をきっちりたてることが重要!
家計簿は生活をする中で、変動費(食費など月々でかなり変動が出るもの)が予算内におさまっているか、使いすぎていないかの判断材料として使う。
締め日に、毎月予算内に利用金額を抑えられるように調整していけば貯蓄は予定通りに出来るはず!!です。

-資産運用

Copyright© せんてるのメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.