スマートフォン

iPad Airを売却に行ってみたら・・・

2019/06/27iPad画面

経緯

2年半前に外で使えるネット接続端末としてiPad欲しいなあと思い買ったiPad Air。
発売から既に2年以上経過していたし、そんなに長くは使えないだろうと思っていた。
最近iPad OSが発表された時にサポート外になったので次の端末を買うかサポート外でも良いから使うか考えていたが結局もう少し小さい端末が欲しいと言う気もあったのでiPad mini 4を新しく購入し売却することに。

1件目へ買取り査定へ

用事があり行ったところの近くにここ買い取ってくれるよなという所があった為、そちらにて買い取り査定。
査定結果12,000円から端末の画面に薄いキズがあるとか色々理由をつけられ8割引きの2,400円とのこと。
別に、もう少し高くとかなかったものの、査定まで10分以上かかってそれから動作検証に後20分は待ってくれと言われ、いやそれは査定前に言おうよ。
買取り査定に30分以上もかかるとしたら事前に言っといてくれないと時間の無駄だし・・・とか思いその場で買取を止めてもらうことに。

2件目の買取り査定へ

その後、別の所でここなら30分以上かかったとしても時間を潰せるしいいだろうと思い買取り査定をしてもらう。
結構待たされるかなと思っていたら10分で査定は終わって、出た金額が12,000円
いいんですか?キズとかなかったですか?と聞こうかと、一瞬思ったけど・・・
まあ、ハードケースに入れていたし、ガラスフィルムもつけていたしそれなりの経年劣化はあるもののそんなに酷いキズがある訳ではなかったからなあ。

感想

中古品を買う時は、ネットで買うにしても結構見比べたりするけど買取りの時に相見積もりみたいな事をするという概念は自分の中にはなかった。
2,400円が12,000円になるのであればそういうのも必要なのかなあと。
というか、10分とかならまだしも30分とか1時間かかるのであれば何処か行く所あれば電話で査定結果伝えますよ位は言って欲しいかなあと。
※写真は新しく買ったiPad mini4とレシートを写真に撮ったものです。

-スマートフォン

© 2020 せんてるのメモ帳